講座 ギャラリー カフェのこと。


by アンが好き
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

椿

椿は、今まで生けたことがなかった。

花は頭からコロンと落ちるのであまりいい印象がなく、生けることはもちろん庭に植えようとも思わなかった。

今おけいこしているお花の家元の好きな花が、椿と梅だと知って、
生けてあるのを見る機会も、生ける機会も最近なぜか増えてきて、意識するようになってきた。

b0330312_13140646.jpg
これはサンシュユと椿。もちろん私が生けたのではありません。

先日の実技研修の課題は椿だった。

椿って、艶のある葉の木、、艶 葉 木で、ツヤバノキ、から椿っていうのだそう。

花にばかりついつい目が行ってしまうけれど、葉につやがあって美しいところが本来の特徴。

その日は、山から採取してくださった椿と、花屋さんで買ってきてくださった椿がありました。

山の方は、蕾ばかりで、一輪のみ開花していたけれど、それも霜に焼けてしまって決してきれいではなかった。
花屋さんの方は、花はたくさん開花してきれいだったけれど、葉は小さい。

椿を生けるときは、まず葉を掃除するのですが、山のモノは、蜘蛛の巣がはっていたり、葉が陽に当たって茶色く変色していたり、陽が当たらず薄黄緑だったりして、ぱっと見、決して美しくないのだけれど、掃除していくうち、葉の一枚一枚が大きく、立派で、艶があって、本当に美しいことに気づく。

枝振りも見事で、そのままで素敵だった。
合わせた花器も和モダンな背のある陶器で、椿に負けてなくて、調和の大事さを改めて感じる。

蕾は、家の中で育つと美しい花が開花するらしい。外界の霜や日差しにさらされずに。

大ぶりのその椿は、二人で分けっこしてうちに持って帰って、今は我が家のお床に生けてある。

生けるのは本当に難しいと感じるけれど、いろいろ試行錯誤することも最近は楽しいと思うようになってきた。

今はまだつぼみだけど、毎朝、開花していないか見るのが楽しみになっている。

以下は、大和郡山にある、椿寿庵を訪れたときに撮った画像。
どうしても花に目が行ってしまう。

b0330312_13434540.jpg
b0330312_13435828.jpg
b0330312_13443973.jpg
b0330312_13441588.jpg
b0330312_13450541.jpg
1000種類はあるという、椿の品種を無料で見れる、椿寿庵。

次回は苗を購入したいと思っている。

お母様がお描きになった椿の絵や、ステンシルの絵葉書を買ってきた。


カフェ、ギャラリー、文化講座、ショップのお店
Art&Culture iSalon
大和高田市高砂町4-7中川ビル
営業時間:午前11時~午後6時
定休日:月、火曜日
TEL:0745-24-5158
b0330312_14175627.png












[PR]
by isalon-k | 2016-02-13 13:50 | Comments(0)